インプラントとは

インプラント=天然歯根の代用となる人工の歯根
インプラント治療とは・・
歯を失った部分の顎骨にインプラントを埋め込み、骨とインプラントとが結合するまで期間をおきます。
骨とインプラントが結合し安定した後、インプラントの上に土台を立て、型をとり、セラミッククラウンなどの人工の歯冠修復物を製作し、装着します。
 

治療期間は、インプラント埋入部位の骨の状態により異なりますが、最短でインプラント埋入6週間後に土台を立て、型をとり、その2週間後セラミッククラウンなどを装着し噛めるようになります。見た目にも自然で、天然歯と同じように違和感なく噛めるようになります。永久歯を失ったあとの、言わば第3の歯となり得ます。

以前から、失った歯の修復法として、取り外し式の部分入れ歯、総入れ歯などが利用されてきました。
しかし、カタカタして痛い、上手く噛めない、おいしく食べられないといった問題がありました。固定する方法としてはブリッジが用いられてきましたが、隣の健康な歯を削らなければならない、という点での欠点をもっていました。
部分入れ歯
総入れ歯
     

インプラントは隣在の健康な歯を削らずに、単独で天然の歯とほとんど同じ感覚で咬む機能を回復できる画期的な方法です。また、インプラントを入れることで骨の吸収を防ぎ、本来の骨量を維持することができます。

  隣在歯を削ってブリッジ   隣在歯を削らずに単独でインプラント