インプラントのメリット

インプラントの利点と欠点
利点 1. よく噛める
インプラントの噛む力は、天然の歯と同じです。治療後は食事の内容が変わってきます。今まで食べにくかったお肉やお煎餅など、何でも食べられるようになります。
 
利点 2. 見た目が自然でキレイ
人工の歯を入れてるということが、全くわかりません。
 
利点 3. 天然歯を守る
インプラントはそれ自身がよく仕事(噛むという仕事)をするので、周りの歯の負担を大幅に減らします。そのため、天然歯を守ることになります。
 
その他利点 .
  
インプラントには、他の側面から見ても良い面がたくさんあります。
機能面
インプラントは、もう一度、ご自分の歯が甦ったような感じで、非常によく噛めます。
入れ歯のように取り外す面倒もなく、硬いものも噛めるようになり、ご自身の歯と同じような感覚で噛めます。
 
精神面
インプラントをすることにより、よく噛めるようになります。そのため、食事が楽しくできるようになります。ご家族やご友人との食事の時、自然に会話がはずむようになり、日常生活も楽しくなります。
また、入れ歯をいれること自体に抵抗があったり、入れ歯そのものを老けたイメージに感じている方にとっては、インプラントが精神的にも大きくプラスになります。
 
健康面
インプラントをすると、よく噛めるようになります。よく噛めることが、全身の健康に大きく貢献します。
脳細胞を活性化する。
  噛む刺激は、明らかに脳細胞に良い刺激を与えます。
脳の老化防止はもちろん、頭の回転の良さにもつながります。
よく噛むことにより、唾液が多く出る。
  唾液はたくさんのパワーを持っています。
まず、食物を唾液と混ぜることにより、消化能力が上がります。また、発ガン物質 などを解毒する。さらに、虫歯菌をやっつけたり、食後に酸性になったお口の中を中性に戻す役目もあります。
唾液の中には、パロチンという、若返りのホルモ ンも含まれていますので、若返りにも役立ちます。
噛む力が強い人の方が、足腰も強い。
  このことは、スポーツ医学でも証明されています。 
インプラントを含めて、歯の数が多い人の方が平均寿命が長い。
  大学の疫学調査でも明らかになっています。
 
欠点 1. 外科治療が必要
歯を抜く場合と同程度の手術が必要になります。
(手術というにはちょっとおおげさです。歯を抜く程度なので、たいしたことはないです。)
 
欠点 2. 体質や病気によっては治療ができない場合がある
過去に麻酔のショックがあったり、重度の心臓病、肝臓病、糖尿病の方などは、それらの病気がコントロールされてからでないとできない場合があります。もちろん可能な場合もありますのでご相談下さい。
 
欠点3. 保険適用外の治療
インプラント治療は高度医療のため、どうしても費用がかかります。
(ただ、なんでも噛めるという喜びや、健康を回復できるという事実は費用以上の価値があります。)