治療例

取り外しの入れ歯から、インプラントを入れて固定式に。

上顎

治療前

      初診 義歯装着時     初診時レントゲン写真
            インプラント後
               インプラント埋入 
セラッミック装着後レントゲン写真    



矢印
治療後

総入れ歯をインプラントで固定式に

長年、総入れ歯を使用していて、顎の骨が細くなっていました。CT画像で骨の状態を診断しし、骨の厚み、神経までの距離を正確に計測し、インプラントの設計、計画をたてました。最初にインプラントを6本入れ、さらに左右奥に1本ずつ入れて、合計8本のインプラントを入れました。

治療前

     
     デジタルX線画像
  通常のレントゲン画像です。
 平面的な診断で、骨が薄くなっているのは確認できます。
 
     CT画像
  立体的に骨の状態を把握することで、
   
     

矢印
治療後

取り外しの義歯からインプラントで固定式に!

遠方からご来院のため、初診時にCT撮影、診断をおこない、下顎臼歯部に左右3本ずつ合計6本のインプラントを埋入しました。2ヶ月間に初診時を含めて3回ご来院いただき、セラミッククラウンの装着まで完了しました。 image1

治療前
before

矢印
治療後
after