医療費控除

確定申告  
 治療費は 「医療費控除」 の対象になります 

 
医療費控除について
インプラント治療にかかった費用は、医療費控除の対象となります。
確定申告のときに申請すると、所得総額と治療費に応じて
所得税が一部戻ってきます
 
 医療費控除とは?
医療費控除は、納税義務者本人または本人と生計をともにする親族が、1年間に支払った医療費が基準額を超えた場合に対象となります。1年間に支払った医療費の合計金額(上限200万円)で、10万円を超えた金額に対して控除の対象になります。歯科の治療費だけではなく、内科や耳鼻科など他の医療機関で支払った医療費全ての合計金額を申告できます。
所得税率から計算されるので、所得の多い方ほど、還付金額も多くなります。この制度を利用することで、医療費の負担を軽減することができます。
 治療のための通院費も医療費控除の対象になります。ただし、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象にはなりません。
 医療費控除による還付金の計算式
支払った
医療費の総額
補てんされた金額
       給付金 
       保険金等
いずれか少ない
金額
●10万円
●年間所得の5%
医療費控除額
(上限200万円)
A

  A     ×  所得に応じた所得税率            還付金額     
 
課税対象となる所得 税率      実際にどのぐらいの金額が
       還付されるかということは、
       その人の所得税率によって
       違ってきます。
~195万円 5%
~330万円 10%
~695万円 20%
~900万円 23%
~1800万円 33%
1800万円超 40%

  所得合計額が200万円までの方は所得合計額の5%以上医療費がかかった場合
      申告できます。 

  


領収書は大切に保管して確定申告されることをお勧めします

 

確定申告は毎年2月16日から3月15日までの期間

「忘れてしまった」「知らなかった」という方でも

過去5年前までさかのぼって控除を受ける事ができます。

詳しくは最寄の税務署へお問い合わせ下さい