港区の新橋インプラントオフィス HOME>当院のインプラント治療

インプラント治療の流れ

インプラント治療はこのようにおこないます 安全で信頼できるインプラント治療
カウンセリング・口腔内検査・診断・説明
カウンセリング・口腔内検査・診断・説明
◆ レントゲン撮影、口腔内写真をお撮り します。
 

◆ カウンセリングをおこないます。
患者様の主訴、症状、ご希望を伺い、 口腔内の検査をおこないます。
レントゲン写真・口腔内写真の画像を パソコンモニターに映して、現在の状態をご説明します。
口腔内
画像をクリック
  して拡大
 歯科用CT装置で撮影をおこないます。
立体的に顎骨を把握します。
通常のレントゲン画像では確認できない骨の厚みや硬さ、動脈や神経の位置を診断し、
正確で安全なインプラント治療を設計します。
CT写真
画像をクリック
  して拡大
矢印
インフォームドコンセント
◆ 治療計画をご説明します。
患者様にCT画像を見ていただきながら、
治療計画をご説明します。
通常のレントゲン画像では確認できない部分を、CTの立体的な画像により、ご自身の現在の顎骨・歯の状態をご理解いただきます。
ご自身の状態を十分ご理解いただいたうえで、患者様のご希望を伺いながら、実際にインプラントをどのように入れていくか、また、治療期間、費用についても詳しくご説明いたします。
安心してインプラント治療を受けていただけるよう に、ご質問にお答えしながら、丁寧にご説明しいたします。
 

 

   STEP1.2 は同日可能です。
矢印
インプラント手術
◆ 治療計画に基づき
  インプラント埋入手術をおこないます。
インプラントはチタン製で、小さなネジのような形状をしています。局所麻酔で顎骨に埋め込みます。 埋め込み
インプラント埋入手術は、1回のオペでインプラント1本ということではありません。多数歯欠損の場合 、計画していた本数を埋入します。
1回の麻酔で一度に埋入することで、患者様の負担は、精神的にも肉体的にも軽減されます。
矢印
経過観察期間
 インプラント埋入後インプラントと周囲の骨とが
   しっかりと結合するのを待ちます。
インプラントと骨とが結合するまでの期間は、周囲の骨の状態により異なります。
 1週間後   
縫合した場合は抜糸をおこないます。
インプラント部の歯ブラシの当て方のご指示をします。
 2 週間後  
歯ブラシの確認をおこないます。
インプラント部に正しく歯ブラシが当てられているか?をチェックします。
 3週間後 ~ 5週間後 
インプラントが顎骨に結合するのを待ちます。
※ 再度、歯ブラシの確認が必要な場合もあります。
 6週間後  
インプラントと周囲の骨との結合状態を確認します。
インプラント埋入から6週間後、レントゲン、ペリオテストなどの検査により、インプラントと周囲の骨とがしっかりと結合したことを確認します。
 
★ ペリオテスト・・・歯牙動揺度測定器
1秒間に4回歯面を打診し、1歯に16打診を繰り返して、コンピューターが正確に算出した測定値から、歯周支持組織と歯牙の安定度を判断します。インプラントを打診して測定することで、インプラントと骨との結合性を確認します。
矢印
人工の歯冠を装着
◆ セラミックなどの人工の歯冠を製作します。
インプラントにアバットメント(土台)を立てて、型を
取ります。
     
約2週間後、製作したセラミックなどの歯冠)を
装着します。
かみ合わせの確認をおこない、歯ブラシや歯間ブラシなどのご指示をします。
◆ 約1週間後チェックをおこないます。
新しい歯冠を装着して約1週間後、かみ合わせ、歯ブラシなどのチェックをおこないます。
 
矢印
メンテナンス  
◆ 完了 メンテナンス
                定期的な検診
インプラント埋入から人工の歯冠を装着し、インプラントの治療は完了しました。インプラントは人工の歯根と人工の歯冠ですので虫歯にはなりません。
しかし、虫歯にならないからと言って歯ブラシを怠ると、天然歯と同じように、インプラントも歯周病のような状態になる可能性があります。
ご自分の歯としてずっと長く使っていただくために、そして快適な毎日を過ごしていただくために、患者様ご自身の毎日の歯ブラシと定期的な検診、メンテナンスがとても大切です。